Home > しげのトピックス(INDEX) > しげのトピックス64号

2014年2月10日号
- 第64号 -

オフィシャルFBページ出来ました!

寒中お見舞い申し上げます。
さて、昨年12月にもお知らせいたしましたように、茂野製麺フェイスブックページをオープンいたしました。まだ試行錯誤をしながら運営しておりますが、皆さまもどうぞ「いいね!」をください。このページを介して、皆さまとのコミュニケーションや、また、WEB上のイベント(プレゼント企画など)を考えております。ご協力をお願いいたします。

今回のトピックスは、そのオフィシャルFB(フェイスブック)のページより、制作スタッフによる茂野商品の美味しい食べ方などをお伝えいたします。

https://www.facebook.com/shigenoseimen

上がそのURLです。
是非、アクセスしてください。

2014年2月5日 しげのトピックス編集部



2014年1月10日 17:48 on FB
寒い冬にはあったか〜い
『つけけんちんそば』



みなさま、こんにちは。いよいよ2014年もスタートし、1年でも最も寒い季節の到来ですね。そんな寒い季節に、冬においしい根菜をたっぷり使った、あつあつの『つけけんちんそば』はいかがでしょう?

『つけけんちんそば』は、北茨城の郷土料理で、最近になって少しずつ知られてきている注目のそばなんです。もともと、茨城の常陸太田近辺ではそばの栽培が盛んで、この郷土料理が広まったものと考えられます。滋味深い根菜類のうま味と醤油とだしが香るあつあつのつけ汁に、水切りの良いそばをつけてつるつるっといただく絶品郷土料理。最新の“しげのトピックス”では、この『つけけんちんそば』のレシピを公開中です。つけけんちんに使用するそばは、コシと風味が自慢の「三分太郎」で決まり!

スタッフ N  Facebookページより


▲このページの先頭に戻る

材料
だいこん
にんじん
ごぼう
里芋
しいたけ(お好みでしめじでも可)
木綿豆腐
こんにゃく
油揚げ(北茨城では鶏肉を使う場合も多い)
万能ねぎ(わけぎか青ねぎでも可)
調味料
醤油
みりん
料理酒
ごま油

だし汁(市販の顆粒だしでも可)
味噌(お好みで)

つくりかた

ごぼうはささがきか斜め輪切りにして水に5分ほどさらしてアクを抜いておきます。だいこんとにんじんはいちょう切りにし、里芋は水から茹でて皮を剥いて適当な大きさに切り分けます。豆腐はキッチンペーパーに置いてしっかりと水を抜き、手でちぎっておきます。こんにゃくは適当な大きさに切って塩揉みし、5分ほど茹でてにおいをとっておきます。油揚げは熱湯をかけて油抜きしたあとに細切りし、しいたけは軸をとって5ミリ幅ほどに刻んでおきます。

鍋にごま油を大さじ2杯ほど入れて中火で熱し、切った根菜を入れて軽く炒めます。軽く塩をふり、しいたけ、里芋、こんにゃく、油揚げを入れて、全体にごま油が回るように炒めます。お好みで味噌を少量加えると、そばのつけ汁としてのコクを加えられます。

水とだし汁を入れ、10分ほどコトコトと煮ます。だし汁で煮るのがポイント。10分経ったらみりんと料理酒を適量加え、そこに豆腐を入れます。豆腐に火が通ったら、醤油を入れて味を整えます。最後に醤油を入れることで、醤油の香ばしい風味を活かすことがコツ。今回はそばのつけ汁に使うので、少しだけ醤油を多めに入れます。

けんちん汁を椀に盛り、薬味の万能ねぎかわけぎを添えます。水を切った冷たいそばをつけてお召し上がりください。そばを食べ切った頃には、けんちん汁が飲み頃です。


寒〜い季節には、根菜がたっぷり入った熱々の『つけけんちんそば』をつるつるっと。茂野製麺からのおいしい召し上がり方のご提案です。


ゆで時間はたったの3分。これまでの常識を覆す、茂野の新商品「三分太郎」。
暮れの忙しいときに、重宝します。
いや、それだけが売りではありません。
原材料をオール国産にこだわった品質重視、味重視です。
徹底的に厳しく製造工程を管理することで、安心で安全な食品を客様にお届けしております。是非この機会にお求めください。



▲このページの先頭に戻る



2013年1月20日 on FB
寒い日にはピリ辛ラーメン
手折りラーメンで作る「勝浦タンタンメン」

年が明けてから毎日寒さが厳しいですね。
こんな季節には、身体が温まるピリ辛の麺料理をご紹介します。

みなさんは、房総半島の郷土料理「勝浦タンタンメン」をご存知でしょうか?一般的に知られる胡麻だれと芝麻醤、ちんげん菜を使ったものではなく、ラー油とたまねぎをたっぷりと使った、ちょっと刺激的な辛味と真っ赤なビジュアルが特徴のご当地グルメです。ただ辛いだけではなく、アメ色に炒められたたまねぎの甘味と挽き肉の風味がラー油の辛さと合わさって、深い味わいとなります。もともと勝浦の漁師町で、漁師たちの冷えた身体を温めるために食されていたという由来もあり、寒い季節にはぴったりのピリ辛ラーメンなんです。昨今人気を博している、ご当地グルメ料理の祭典「B1グランプリ」でも、人気投票の上位に入る美味しさ!

スタッフ N  Facebookページより




そんな「勝浦タンタンメン」を、しげのの“手折りラーメン”を使って調理してみましょう。しげのの“手折りラーメン”は、油で揚げない長時間乾燥の熟成ストレートめんの、つるしこの食感とクセのないあっさりとしたしょう油スープで、そのまま食べてもおいしいだけでなく、そのクセのなさをいかしてひと味加えると、さらにおいしく召し上がれます。めんはひとつひとつが職人による丁寧な手折りで、ノンフライ製法による“めんそのもののおいしさ”が味わえます。

それでは、さっそく「勝浦タンタンメン」を
作ってみましょう


材料
しげの「手折りラーメン(東京しょう油味)
豚挽き肉
たまねぎ
にんにく
長ねぎ
わけぎ(お好みでニラか青ねぎでも可)
調味料
ラー油
ごま油

食べるラー油(無くても可)


つくりかた

鍋にラー油大さじ2杯とごま油大さじ2杯を合わせた調味油を中火で熱し、そこにざっくりのみじん切りにしたたまねぎとみじん切りにしたにんにくを入れ、塩をひとつまみふってたまねぎが透き通るぐらいまでじっくりと炒めて甘味を出します。たまねぎととにんにくに火が通ったら、豚挽き肉を入れて全体に火が通るように炒めます。ラー油が足りない場合は、一昔前にブームになった、食べるラー油を入れてもOK。長ねぎは芯を抜いて白髪ねぎに切り、水にさらしておきます。

どんぶりにスープと茹でたラーメンを用意し、そこに炒めた挽き肉とたまねぎをのせ、食べるラー油を少量入れて辛味を調整します。
その上に白髪ねぎをのせ、わけぎを散らして完成です。美味しそうに見えるからといって、一気にすするとむせこんでしまうので注意。最初はゆっくりと味わってください。たまねぎの甘味とラー油の辛味、白髪ねぎのシャキシャキとした食感をお楽しみください!

▲このページの先頭に戻る



美味しい麺を求めてぶらりと旅に出ました
茂野麺紀行 新着情報

グルメ本や、ラーメンに関する本は無数に出版されていると言っても過言ではありません。もちろん、その手の本を参考にしてラーメン屋を訪れるのもよいでしょう。しかし、街を散歩しているときにたまたま見つけた店に入るのもまた一興です。茂野麺紀行はむしろその「偶然の出会い」を大事にしたいと思って小さな旅を続けております。





茂野麺紀行 第96回
そば処「喜八」

静岡県富士宮市

富士山が世界遺産になったということで、盛り上がっているお膝元の富士宮市へ行ってきました。富士宮と言えば、近年は富士宮やきそばでも有名ですが、何と言っても全国に千以上ある浅間神社の本社(写真上・左)があります。それから、今回食べてきた芹そば。絶品でした。皆様も是非一度お試しください。

>>> 詳しくはこちらをご覧ください
2014/1/15 茂野・麺紀行第96回 「喜八」


茂野麺紀行 第97回
五島うどん「茶オ」
(ちゃお)
静岡県熱海市

本来はカフェなのに、看板に大きく「五島うどん」と書いてあって、おもしろそうなので、店に入ってみました。それにしても、熱海なのに、どうして五島うどん(長崎県の五島列島のうどん)なのかとお尋ねしたら、同店を経営する隣の椿油の会社が、五島列島から椿油を仕入れている関係だそうです。

>>> 詳しくはこちらをご覧ください
2014/1/15 茂野・麺紀行第97回 「茶オ」


茂野麺紀行 第98回
みそラーメン「小林屋」
(小田原店)
神奈川県小田原市

小田原市の駅から近い繁華街に佇む味噌ラーメン専門店。500円という驚異のコストパーフォーマンスの高さ。しかも餃子も150円という安さ。値段の安さだけではなく、クオリティもかなり高い。素晴らしい店である。今のところ神奈川県内だけのチェーン展開のようだが、是非他県にも広まることを希望。

>>> 詳しくはこちらをご覧ください
2014/1/15 茂野・麺紀行第98回 「小林屋」

▲このページの先頭に戻る




「しげのトピックス 第64号」 2014年2月10日号



[< 前のトピックス]   [次のトピックス >]   [トピックス過去ログ一覧]  [最新のトピックス

その他の商品のお買い物は・・・
右のボタンから一旦「しげのオンラインショップ」のトップページにお戻りください。
お買い物を続けることができます。もちろん、左側の各カテゴリーのリンクでも、直接それぞれのショッピングページへジャンプいたします。


このページに記載されている情報については2008年12月15日時点のものです。商品の在庫の有無や価格などについては状況が変化したり、改定する場合もございます。予めご了承ください。
コンテンツ

トップページ


話題の商品

特選手折りそば
特選・手折りそば
「北育ち 手 折りそば」、「常陸秋そば」、「手折り八割そば」の 3種類をセ ットにしました。い ずれも新商品です。それぞれに、化学調味料 無添加のつゆが付いて います。


そば、うどん、そうめん、ラーメン、冷やし中華、などなど手折りめんを自由に組み合わせてセットに出来る大変便利なシステムです。


ざるそば国産
ざるそば国産
風味豊かな国内産のそば粉に、北 海道産の小麦粉を配合し、滑らかな食感と 弾力のある 歯ごたえ が自慢の逸品です。


うましこつけ麺
うましこつけ麺
その名の通り、麺がうまいのが自慢の商品です。市販のめんつゆにラー油を一滴加えてそれをつけ汁にしてご賞味ください。


トピックス34号「神田まつやから学んだ味」
東京下町の神田まつやの伝統と技術を茂野製麺が学び、その成果として「手折り八割そば」は誕生いたしました。(しげのトピックス34号)


冷たいラーメン
2013年5月に新登場。夏にぴったりのかつお出汁の効いたあっさりスープ。キーンと冷やしてお召し上がりください。


鴨せいろ
トピックス「鴨せいろ」をつくる(鴨だし手折りそばを使った簡単レシピ)
新しくなった鴨だし手折りそばを使った簡単レシピ。ちょっと贅沢な味をどうぞ。


ピリ辛つけそば
特集・ピリ辛つけそばをつくる!
今、大 変な人気の新しいそばの食べ方です。ラー油のピリッとしたつけ 汁と、 しゃきっとした麺の食感がたまりません。


ベイタウンラーメン・ギフトセット
ベイタウンラーメン
1995年に誕生した幕張ベイタ ウンは、東京湾に面し、お洒落で、若々しい エネルギ ー溢れる 街。ベイタウンラーメンはそのベイタウンをイメージした煮干し 出汁 の効いた美味しいラ ーメンです。



千葉市 そば処「ふじ竹」
昭和初期の検見川の漁村の古民家で食べるおそばは格別です。是非お立ち寄りください。また、当サイトの写真撮影にも協力してくださっております。



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.
カートの中を見る(現在のお買い上げ品目、お買い上げ金額等をご覧になれます。)