宇佐美恵子さん

ひと工夫で簡単に、おいしく
乾麺を使ってお手軽クッキング!

乾麺を使ったお手軽アイデア クッキングにチャレンジする 「こんにちは麺接隊」。
今回は、 クッキングディレクターの齊藤 朋子さんに突撃入門! 茂野の 手折りめんを使って3 品を作りました。 家庭でだからこそできる、ぬくもり いっぱいの、そば、うどん、ラーメン。 ひと手間かければ、お店とはひと味 違う、「おいしい」ワールドが広がり ます ! 「 実は、お料理はあまりしないので すが? ? 」と山口めぐみさん、「料理は よくします。今日は先生のワザを盗んで帰りたい」と田中奈津子さん。二人 がチャレンジしたのは、おそば屋さんの定番メニュー「鴨せいろ」、とろみ加減が食欲をそそる「カニ玉あんかけうどん」、体もあったまるピ リ辛の「ピーナッツ担々ラーメン」。 「よぉ〜し、やるぞ! 」と意気込む二人ですが、でも何だか包丁の使い方が? ? 。すかさず齊藤先生がチェック! そばのコシの出し方やカニ玉 のあんの作り方など、プロならでは のコツも教えていただき、見事、完成したのでした。


ふんわり卵とカニ入りのあんは、
意外にあっさり。うどんとも好相性!
とろ〜り、アツアツが食欲をそそる
カニ玉あんかけうどん

とろ〜り感が何とも食欲をそそる、あんかけ。冬場 は体も温まりますね。今回はカニ玉のあんかけをのせ たうどんを作ってみました。 「でもカニ玉って、どうやって作るの? 」と最初は不 安げな麺接隊。溶き卵をふわふわの半熟状態に仕上げ るコツ(ポイント参照) を齊藤先生から伝授さ れ、無事に難関を突破しました。 うどんにあんをかけ、みつ葉やみょうがを載せれ ば、彩りも鮮やかに。「風邪ぎみのときなどは、す り おろしたしょうがを加えると、体が温まりますよ」と 齊藤先生。つゆの味付けでは、お好みで醤油を足すと よいともアドバイスしてくださいました。

〈材料〉
矢切り手折りうどん(1 袋、めんつゆ付)、カ ニ肉(60g )、
長ねぎ(1/3 本)、卵(1 個)、み つ葉(適量)、みょうが(適量)

〈作り方〉
@鍋につゆと規定量の水、カニ肉(ほぐし身) と長ねぎ(斜め切り)を入れて、ひと煮立ちさ せる。
Aたっぷりの湯で「矢切り手折りうどん」を茹で上 げ、湯を切って器に盛る。
B@に水溶きカタクリ粉でとろみをつけ、溶きほぐした卵 を回し入れ、熱々の状態でうどんにかける。
Cみつ葉(刻み)とみょうが(小口切り)をトッピングする。


鴨肉と長ねぎを焼いてから
つゆを加えれば、いっそう風味が、、
おそば屋さんの味をご家庭で
鴨せいろ

冬は、鴨肉に油がのって、おいしい季節。おそば屋さんみたいな「鴨せいろ」を家庭でも味わえたらな、、、。ならばと、麺接隊も挑戦! 鴨せいろは、作り方こそシンプルですが、その手順によって味も変わり ます。いっそうおいしく召し上がるには、鴨肉と長ねぎ( 4 センチ程 度に切ったもの) を先に焼いておくのがポイント。そこに「鴨だしつ ゆ付手折りそば」に付いているつゆを加えると、より食感と風味が増 します。仕上げにゆずを添えて香りのアクセントをつけ、お好みで七 味をふって、召し上がれ。

〈材料〉
鴨だしつゆ付手折りそば(1 袋)、鴨胸肉(スライス5 枚)、長ねぎ、(1/2 本)、
ゆず(適量)、薬味用長ねぎ、万能ねぎ(各適量)
〈作り方〉
@たっぷりの湯で「鴨だしつゆ付手折りそば」を茹で、冷水洗い(次頁ポイント参照)後に器に盛る。
A油を引かない鍋で鴨肉と長ねぎを焼いてコクを出し、つゆと規定量の水を加え、ひと煮立ちさせてから器に盛り、
ゆず をトッピングする。
B薬味用の長ねぎと万能ねぎ(小口切り)を添える。


旨みのある辛さを醸し出す具は「常備菜」としても活躍!
マイルドでコクの効いたピリ辛麺
ピーナッツ担々ラーメン

担々麺の味を引き立たせ、より旨みのある辛さ を引き出すためにピーナッツ肉味噌と炒め高菜をトッピング。マイルドでコクの効いたピリ辛麺です。 「今度はちょっと難しそう」と麺接隊。 でも、ご安心を。肉味噌も炒め高菜も、 材料を炒めるだけで手早く、簡単に作れます。肉味噌はピーナッツバターを入れることで、辛みがまろやかになり、ご飯にも合いそ う。齊藤先生も「多めに作 っておけば、常備菜( ポイン ト参照) として、食卓やお弁当で 何かと重宝しますよ」とアドバイスしてくださいました。麺接隊も感心しきり。 「さっそく家でも作ってみたい」とのことでした。

〈材料〉
手折りとんこつ風担々麺 (1 袋、とん辛スープ付)、ピーナッツ肉味噌(適量)、
炒め高菜(適量)、ミニチンゲン菜(1 株)、しょうが(適量)
〈作り方〉1 人前
@たっぷりの湯で「手折りとんこつ風担々麺」を茹で上げ、湯を切ってスープ(別添えのスープに規定量の熱湯 を加える)をはった器に盛る。
A温めたピーナッツ肉味噌と炒め高菜、茹でたチンゲン菜を盛り合わせ、しょうが(千切り)をトッピングする。


プロが伝授
クッキングのポイント  
茹でた麺を冷水でしめる
麺(乾麺含む)は、茹で上げたら冷水洗いするのがポイント。コシが出て、 おいしく召し上がれます。
ふわふわのカニ玉を作る
カニ肉と長ねぎを入れてひと煮立 ちさせたつゆをカタクリ粉で溶きます。 その後、溶き卵を菜箸に沿わせて流 し入れます。カタクリ粉でとろみをつ けてからのほうが、卵がきれいな線を 描いて広がり、ふわふわの半熟に仕上がります。
常備菜を作りおきする
麺類に載せる具を多めに作ってお けば、ご飯やお弁当のおかず、おにぎ りなどにも常備菜として重宝します。 ピーナッツ肉味噌は、ごま油を熱した フライパンで豚ひき肉を炒めて余分 な油を切り、その他の材料(茹で筍、 しょうが、にんにく、長ねぎ)とタレ(ピ ーナッツバター、豆板醤、砂糖、醤油、 水)を加え、汁気がなくなるまで炒め煮します。炒め高菜は、ごま油を熱し たフライパンで高菜漬け(刻み)を炒 めて、仕上げに炒りごまを振り混ぜて作ります。
季刊つるつる Vol.6
【インタビュー】 宇佐美恵子さん ■ 季刊つるつる総合目次へ
【乾麺を使ってお手軽クッキング】
(こんにちは 麺接隊が行く)
■ 茂野オンラインショップ

 お問い合わせ先:info1@shigeno.co.jp
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.