Home > しげのトピックス(INDEX) > しげのトピックス 30号


 2008年10月1日号


写真:印西牧の原のコスモス

日増しに秋の色が濃くなってまいります。スポーツの秋、読書の秋、そして食欲の秋です。秋はまた新そばの季節でもあります。この時期のそばは非常に香りが良く、特に美味です。茂野のそばは良質の原材料を使い、厳しい品質管理の工場で、丹念につくられています。どうぞ安心してお召し上がりください。

「茂野トピックス」は、ちょっとお得な情報や、茂野製麺の新製品情報、試食会などのイベント情報などをお届けいたします。2ヶ月に1〜2度更新しておりますので、時々チェックされることをお薦めいたします。
ぴり辛つけそば]  [面接便のご案内]  [麺紀行更新情報]   過去ログ一覧]




特集・話題のあの味にトライ
「ピリ辛つけそば」をつくる!


茂野スタッフがつくった「ピリ辛つけそば」(肉入り)。
今、巷では日本そばの新しい食べ方として、まるでラーメン屋さんのような「つけ麺」タイプがじわじわと人気を博しております。しかも単にスタイルだけではなく、独特の「つけ汁」なのです。ポイントはラー油が入っていること。日本そばにラー油とは、違和感を覚える方もいらっしゃると思いますが、意外にマッチしています。いや、意外どころか、かなり美味しいのです。その先駆者としてマスコミでも色々取上げている愛宕の「そば処・港屋」さん。その後、神田界隈など、明らかに同店を模倣したようなお店が続々と開店しております。そしてどのお店も繁盛しているようです。この食べ方が市民権を得ているという証でしょうか。

さて、そんな美味しい食べ方を、気軽にご家庭で出来ないか。茂野トピックススタッフは、早速チャレンジしてみました。出来るだけ簡単に、ということで、市販の「すき焼きのタレ」を使ってみました。これが予想的中です。以下に必要な材料を書いてみました。



茂野流「ピリ辛つけそば」の材料・つくり方

(茂野製麺「ざるそば国産」)/ネギ/刻み海苔(お好みの分量)
つけ汁(1人前)
水・・・・・・・・1カップ
めんつゆ・・・1/4カップ
すき焼きのタレ・・・1 /4カップ
酢・・・ 大さじ1杯(お好みに応じて)
白ネギ、白胡麻
ラー油・・・(お好みの分量)
鶏肉(お好みに応じて)

麺は硬めに茹で、よく水切りをします。
つけ汁は、上の表の材料を用意。めんつゆとすき焼きのタレを水で薄め、沸騰させないように温めてください。お好みに応じて酢を入れます。鶏もものぶつ切りを2〜3切れ入れると「鶏そば」 になります。鶏肉には十分火が通るようにしてください。仕上げに白胡麻をふりかけ、たっぷりラー油を入れます。麺には刻み海苔をふわっと山のように盛れば出来上がり。

ぴりっとした味はクセになりそうです。麺のしゃきっとした食感とラー油の辛さは今までに無かった味です。すき焼きのタレの代わりに醤油と味醂でも出来そうです。いろいろお試しください。

茂野の「ざるそば国産」のお求めは、こちらです。

▲このページの先頭に戻る





茂野製麺のバラエティーな商品が満載
「麺接便」Vol.14のご案内
段々と秋が深まるこの季節。秋から冬にかけて温かいおそばやうどん、ラーメンが更に美味しくなります。「麺接便」はお薦め商品、お薦めのギフト商品をぎっしりと掲載しております。現在制作中です。また、特集として、「ぴり辛つけそば」のレシピも掲載します。どうぞ、お楽しみに。(写真右)


「麺接便」は、弊社の商品をご購入されたお客様にお届け致します。11月初旬から発送する予定です。未着の方、また、ご希望の方には、ご連絡頂ければお送りします。お気軽にどうぞ。(送料も無料です。)

以下のメールアドレスに、「住所」、「お名前」、「ご連絡先」をお書きの上、送信してください。もちろんお電話、FAXでも結構です。


カタログご希望の方はこちら →
▲このページの先頭に戻る




お陰様で好評です。
茂野麺紀行 新着情報
夏から秋にかけて、関東の名店を旅してきました。都心から程近い上福岡の「條辺」の讃岐うどん、日光や佐野という北関東の味わいもなかなかです。衝撃だったのは、(都内)愛宕神社の前の「港屋」。既にネットやテレビなどではお馴染みなのですが、今まで無い発想の味です。是非一度お試しください。ボリュームも満点です。


茂野麺紀行 第27回
讃岐うどん「條辺」
ふじみ野市(上福岡駅近く)

元巨人軍のピッチャー、つまり元プロ野球の條辺選手
が、戦力外通告を受け、失意のどん底から、うどん屋の修行を積み這い上がって開店にこぎつけた。人気だけじゃなくて、味もいいので、お薦め。もちろん本人が一所懸命に麺を打っている。
>>> 詳しくはこちらをご覧ください
2008/7/4 茂野・麺紀行第27回「條辺」


茂野麺紀行 第28回
「神橋庵」の湯波そば
栃木県日光市(神橋近く)

日光の名物のひとつ湯波(ゆば)が蕎麦にトッピングされているだけ。それだけなのだが、非常に相性がいい。そばに加えて湯波のしこしこ感。ほのかな甘み、そしてコク。想像を超える美味しさだった。

>>> 詳しくはこちらをご覧ください
2008/8/16 茂野・麺紀行第28回「神橋庵」


茂野麺紀行 第29回
佐野ラーメン「とかの」
栃木県佐野市

佐野ラーメンといえば全国区であるが、何が特徴なのかをご存知の方は意外に少ない。透き通るくらいの醤油ベースのスープに、青竹手打ちの縮れ麺が絡むコクがあり上品な味。佐野厄除け大師のお参りと併せて訪れてみたい。

>>> 詳しくはこちらをご覧ください
2008/9/17 茂野・麺紀行第29回「とかの」


茂野麺紀行 第30回
そば処「港屋」
東京都港区西新橋(愛宕神社前)

非常に衝撃的な味。数年前にオープンしてから徐々にファンが増え、今ではマスコミでも大きく扱われるようになった。なんせ、日本そばの濃い口のつゆにラー油がたっぷり入っている。そして、麺は極太で非常にコシがある。

>>> 詳しくはこちらをご覧ください
2008/9/27 茂野・麺紀行第30回「港屋」

▲このページの先頭に戻る




*巻頭の写真について
印西牧の原のコスモス
北総線の印西牧の原駅(千葉県印西市)北口より徒歩7分くらいの場所にある広場に、ピンク色のジュウタンのようにコスモスが咲き乱れます。毎年、10月上旬にコスモスに因むイベントを開催しています。コスモスは11月の初旬まで楽しむことが出来ます。入場無料です。是非一度お出かけください。



Yahoo!の地図へ




「しげのトピックス 第30号」2008年10月1日号




< 前のトピックス]   [次のトピックス >]   [トピックス過去ログ一覧]  [最新のトピックス



その他の商品のお買い物は・・・
右のボタンから一旦「しげのオンラインショップ」のトップページにお戻りください。
お買い物を続けることができます。もちろん、左側の各カテゴリーのリンクでも、直接それぞれのショッピングページへジャンプいたします。
コンテンツ

トップページ


話題の商品

ざるそば国産
ざるそば国産
風味豊かな国内産のそば粉に、北海道産の小麦粉を配合し、滑らかな食感と弾力のある歯ごたえが自慢の逸品です。


ベイタウンラーメン・ギフトセット
ベイタウンラーメン
1995年に誕生した幕張ベイタウンは、東京湾に面し、お洒落で、若々しいエネルギー溢れる街。ベイタウンラーメンはそのベイタウンをイメージした煮干し出汁の効いた美味しいラーメンです。


くずきり・ぜんざい・特選そばセット
終売いたしました。
永平寺の「くずきり」、「ぜんざい」と茂野の特選「手折りめん」をセットにしました。


だったんそば
終売いたしました。
高山などで育つ韃靼種のそばは、ルチンを多く含んでおり、ヘルシー食品として注目されています。



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.
カートの中を見る(現在のお買い上げ品目、お買い上げ金額等をご覧になれます。)