はづき(8月)

立秋(りっしゅう)から処暑(しょしょ)への季節―
残暑の中で食欲を増進したい時には
つい濃い味付けの食事にかたよりがちですね。

落語で、そば好きの隠居が最期に
『たっぷりつゆをつけて食べたかった』
という話があるように、江戸のそばの作法とは
そばの先に濃いつゆをほんの少し浸して
そばの味や香りを味あうのが粋とされていました。
その理由として、江戸時代に下総の野田で
造られた醤油が水路の発達により
江戸中にたくさん出回っていたからだと言われています。
また、幕府が開かれた当時は、
下級武士や職人など、力仕事をする人が多く
武家屋敷の男所帯では不器用さも手伝い
必然的に濃い味付けが支持された様です。
さらに、美味しいだしづくりには
手間と費用がかかるため、濃いつゆで消費を抑えようとした台所事情が絡んでいたとする説もあります。


***

「しげの」の麺は、ご家庭で手軽に美味しく味わえるよう熟成乾燥させた乾めんです。
味にも、コシの強さにも昔ながらの職人技が活きているシコシコした歯ごたえや、のどごしのよさ、保存しやすさなどの理由から、世代を超え、帰省時のお土産として多くの皆様から大変喜ばれています。

残暑が厳しいこの時期は塩分の摂り過ぎを避け、夏の体に滋養をつけるためにも、天然だしや旬の薬味を工夫して、洗練された味を楽しみたいものですね。


茂野製麺轄L告 朝日新聞千葉版 2004年8月 掲載


2004年8月

2003年度版おそばのはなし「葉月」


おそばのはなし インデックスページ]   [茂野オンラインショップ



茂野製麺は世界10カ国以上に伝統の乾麺を輸出しています。
本 社 〒273-0123 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-2-12
    電話 047(444)1351(代) FAX 047(445)3033
    Eメール:
info1@shigeno.co.jp
本社工場 千葉県鎌ヶ谷市南初富6-2-12
茨城工場 茨城県稲敷郡河内町生板4329-1
長野工場 長野県須坂市須坂1024
白井工場 千葉県白井市根丸山235-1

Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.