▲開店15分前の状況です。我々の前には既に十人以上の人が待っていました。(汗)

▲ 外からは、厨房が見えるようになっております。待っている間に何度見たことでしょうか。


▲ 麺は細め。でもコシもあっていい感じです。
 
茂野麺紀行 第99回
麺屋 一燈 
(東京都葛飾区)


3月6日。3月になっても逆に2月の一番寒い時に季節が戻ってしまったようです。今年は記録的な大雪もあったり、3月になっても少しも暖かくならないし、大変です。

そんな折、たまたま新小岩に仕事でやってきました。新小岩と言えば、あの松戸の富田と、この辺りでは人気を二分しているラーメンの「一燈」があります。是非、寄らなくてはと、夕刻店の前まで行ってみました。人気店ですから、多少並ぶのは覚悟の上です。

ところが、店の前まで行くと誰もいませんでした。拍子抜けです。いや、違いました。昼の部が終わって、夜の部は6時からなのでした。その時、夕刻の4時。あと、二時間もあります。また今度にしよう、一瞬そう思ったものの、せっかくの機会なので、なんとか名店の味を経験しておきたいと思い直しました。

開店までの二時間の待ち時間をどうしようか。外は寒いし、かと言って喫茶店に入る気もあまりしません。駅の南側に行って得意の街歩きをすることにしました。ルミエールというアーケードを歩いてみました。飲食店や洋品店、総菜屋さんなど多種多様の店舗が並んでいてウィンドショッピングしているだけでも楽しいです。

よく見ると、物価は安いですね。思わず、スーパーで色々買ってしまいました。(笑)

やや早歩きをすると、多少身体が温かくなるものの、しかし、顔や、手の先が冷えて痛い感じです。完全に真冬です。やはり二時間歩き続けるのは辛いので、一燈の近くまで戻り、居酒屋で暖を取りながら少し飲むことにしました。また、一人だと寂しいので、新小岩に住む知人を呼び出し、一緒に飲みました。

時刻は6時の開店の15分前。寒いし、15分前に行けば、なんとか並ばずに済むだろうと思ったのもつかの間、店の見えるところまで行ったら唖然としました。既に10人以上並んでいるのです。仕方ないので、一番後ろに並びましたが、その後の人は、一旦間を20mほど開けて、また後方に並んでいました。

甘かったです。でも、わざわざ二時間も時間をつぶしたわけなので、ここで引くわけにはゆきません。とにかく寒さに震えながら15分並びました。これほど長い15分は初めてです。途中で、スタッフさんに案内され、食券を買いに店内に入ります。

やっと15分。店がオープンです。椅子の数だけ並んでいた人が店内に入ります。残念ながら、私達は、その権利を獲得することが出来ませんでした。つまり、それからまた待つことになります。身体は骨まで凍えています。これほど身体が冷えたのは最近では初めてです。

結局、合計40分くらい外にいて、やっと中に入れました。体調がおかしくなってしまいそうです。スタッフさんは優しく迎えてくれました。そうスタッフは若くて感じがいいです。名店に有りがちな横柄なところがまったく無いというのもポイントでしょうね。それと、店舗が綺麗です。合せて重要なポイントだと思います。

注文は当初つけ麺を食べようかと思っていたものの、あまりにも身体が冷え切っていたので、ラーメンにしました。濃厚魚介ラーメンです。注文してから約12、3分くらい。つまり、約1時間くらい待って、やっとラーメンにありつけました。

こういうこともたまにはいいのかな。
いえいえ、でも、暫くは並んで食べるということはしたくないです。(笑)

味は、さすがにこれだけ並んでいる人がいるだけあって、間違いないですね。魚介の風味が美味しいです。深い味わいです。コクがあります。臭みも無く、意外にさっぱりしています。麺はやや細めでした。コシがあります。つくね団子のようなものが2つ入ってました。これも美味しいですね。そこからも旨味の成分が染み出ています。さすがに丁寧につくられているという感じがしました。具材も考えられていますね。

ただ、寒空に長く並び過ぎて、熱いラーメンを食べているのにも関わらず震えがくるような状態。美味しさよりも大変だったということだけが記憶に残りそうです。まあ、有名店で食べられたということを自慢のタネにはしたいです。(笑)

2014.3.19  Zaki
(現地を訪れたのは、2014年3月6日です。)






上: 新小岩のルミエールというアーケードの風景です。庶民的なお店がたくさんあって、面白いです。


麺屋「一燈」(いっとう)
東京都葛飾区東新小岩1-4-17
03-3697-9787

営業時間
11:00〜15:00(スープ・麺切れ時終了)
18:00〜22:00(スープ・麺切れ時終了)

月曜定休

濃厚魚介つけ麺 780円
半熟味玉濃厚魚介つけ麺 880円
特製濃厚魚介つけ麺 950円
チャーシュー濃厚魚介つけ麺 950円
濃厚魚介らーめん 750円
特製濃厚魚介らーめん 900円
芳醇香味そば(塩) 750円
芳醇香味そば(醤油) 750円
特製(塩)芳醇香味そば 900円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(7)
BACK
NEXT
小林屋(神奈川県小田原市) 神田まつや吉祥寺店

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.