▲ そばは温かいのにも関わらず、ある程度のしなやかさをしっかり維持している。

▲ 雰囲気のある暖簾と看板。


▲ 青梅は古い建物がところどころに残っており、その中にあって、まったく違和感が無い和と洋が混在したモダンな外観だ。
 
茂野麺紀行 第91回
そば処 大正庵
(東京都青梅市)

2013年8月も終わりに近い頃、この日、御岳山に登り、そして昼間は御嶽駅の近くの玉川屋で蕎麦を食べ、その後青梅市街のシネマの看板を眺めながら散歩というスケジュールでした。つまり、茂野麺紀行の前ページ(Vol.90)の続きになります。

青梅市街のメインストリートには、古いシネマの看板が至る所にあって、楽しいです。結構歩きまわったので、店に着いたときにはかなり疲れてました。夕刻の午後5時。店がちょうどオープン(夜の部)の時刻です。落ち着いた雰囲気の外観です。出されたばかりの暖簾をくぐって中に入ります。

一番乗りです。若い方(この方が店主さんでしょうか?)が、とても丁寧に迎えてくれました。
さて、何にしようか少し迷いました。老舗と聞いてたのですが、それにしてはメニューが多い。
昼間、ざるそばなので、温かいそばが食べたかったのです。

メニューとにらめっこし、天ぷらそばか、あるいはカレー南蛮かに決定という一歩手前で、ふと、この”かつそば”に目が釘付けになりました。

うわあ、珍しい。

つまりとんかつの入ったそばなのです。

もちろんそれを注文しました。750円です。

意外に違和感は無いです。色合いもいいですね。香りもいかにも美味しそうです。
普通のメニューにあってもおかしくないですね。

面白いのは、カツの衣に加えて、天かすも入っていることです。洋のパン粉の揚がったものと、和の天かすのハーモニーですね。不思議にまったく違和感がありません。

麺はさすがに少し柔らかくはなってますが、でも十分なしなやかさを保っています。
出汁も効いてます。
とんかつの風味というよりは、ちゃんと普通の温かいそばつゆの味です。

味もそうなのですが、それよりも店の外観、そして店内に漂う老舗ならではの空気を感じました。
決して高級感があるわけじゃないのですが、なんというか、大正から続く老舗の風格のようなものがあり、それがなんとなく味に反映しているような気がします。
とてもいい店です。私好みです。

青梅は、シネマロードや、吉川英治記念館、鉄道博物館などもあり、日を改めて再訪したいですね。その際はまた同店に寄り、別のものを食べてみたいです。今度は冷たいそばかな?

2013.8.30 Zaki



左: JR青梅駅。どことなく郷愁のある建物。
この駅舎からも青梅が特別な場所という印象を与えてくれる。
中: ホームにある売店(今はクローズ)にもシネマの看板が・・・。
右: 改札を出た正面に故赤塚不二夫氏の傑出のキャラクター”バカボンのパパがお出迎えしてくる。
その他、駅舎の中にもいろいろと赤塚不二夫に関わるものや、シネマに関わる看板が多数。

左: 駅を出ると、ロータリーにも大きな看板。
中: 昭和レトロ商品博物館。
残念ながら今回は時間が無かったので寄ることは出来なかった。しかし、外観だけでも、また、展示物を想像するだけで十分楽しかった。この隣に赤塚不二夫記念館がある。
右: 街の至るところにこのような看板があり、散歩しているだけで楽しい。


そば処「大正庵
東京都青梅市上町329
TEL: 0428-22-2765

営業時間
11:30〜19:30

月曜定休

もり・かけ 550円
たぬき 550円
きつね 600円
ざる 650円
冷やしたぬき・きつね 750円
カレーなんばん 750円
鴨ざる 1,000円
鴨なべうどん 1100円
天もりそば 1,250円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(7)
BACK
NEXT
玉川屋(東京都青梅市) 大八(東京都青梅市)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.