▲ 個性的な外観です。三ノ輪という場所にぴったりな感じがします。


▲ 麺はご覧のように太麺です。茹で加減はさすが、柔らか過ぎず、硬すぎず。

▲ チャーシューはそれほど大きく観えませんが、厚みがありますので、満足します。
 
茂野麺紀行 第135回
手打ち極太麺
「ジョニーの味噌」
(東京都荒川区南千住)


都電の三ノ輪橋駅の下車ホームから1分のところにある「ジョニーの味噌」という個性的な名前のラーメン・つけ麺の店。何度か店の前を通ったがいつも並んでいる。人気店には違いない。いつか入ってみたいと思いつつかなりの日数が経ってしまった。いくら美味しいくても、余程のことがないとあまり並びたくない。しかし、この日(平日の14時30分過ぎ)、誰も並んでいない。

おお。これはラッキー。まだ暖簾がかかっているのでランチタイムの営業をしている。しかし、中に入ろうとすると、「すみませーん。あと10分くらいで終わってしまうんですが・・・。」とスタッフさん。10分か。どうしようか少し悩む。またとないチャンス。慌てて食べればOK。そう結論を出して同店の代表的なメニューである味噌ラーメンを注文。

先客は3人。ちょうど食べ終わった頃で、それぞれ店を出て、いきなり私一人になった。

約10分待って、来た来た来た。これが人気の味噌ラーメン。ぱっと見たところは特に特徴は無いですね。オーソドックスな味噌ラーメンといったところ。

年輩のスタッフさんが「ごゆっくりどうぞ!」と言ってくれた。
有難い。お言葉に甘えてゆっくり食べさせて頂く。

麺はうたい文句のように、かなり太目。プリプリ感バッチリ。すするたびに、噛むたびに弾性の高い食感を楽しめる。スープはかなりどろどろ。確かに旨い。店名に味噌とある以上、そこで勝負ですな。

チャーシューはそれほど大きくはない。厚みはまあまあ。程よい噛み心地。うん、合格。

半ライスが無料だったので、おじやにして食べた。凄く美味しいが、満腹。もうすぐ還暦を迎える身には少々無謀だったかもしれない。胃袋が千切れそうだ。

しかし、なんでしょうね、このラーメンでお腹いっぱいになる気持ちって。間違いなく幸福な気持ちです。

店を出た後、少しだけ周辺を散歩してから都電に乗り込み大人の遠足「都電の旅」(都電一日乗車券)。この乗車券は400円。一日何度でも乗り降りが自由。グルメ巡りなどにご利用できますよ。皆様、如何でしょうか。それから、三ノ輪橋近くの商店街「ジョイフル三ノ輪」は特に楽しいです。お薦めスポットです。

2017.3.7 Zaki


左: 三ノ輪橋の駅です。都電広場という名称です。
右: この界隈には大衆食堂や焼き鳥屋さんなどがたくさんあって、B級グルメの宝庫です。


ジョニーの味噌
電話: 非公開

東京都荒川区南千住1-18-7

平日 11:45〜15:00(LO14:45)
18:30〜22:00(LO21:45)
土日祝日 11:45〜15:00(LO14:45)
18:30〜21:00(LO20:30)
スープ、麺切れで終了
(食べログ情報を拝借しました。)

ジョニーの味噌 730円
ジョニーの味噌 味玉 800円
ジョニーの味噌 つけ麺 780円
黒マー油ラーメン 830円
辛味噌ラーメン 830円
海老味噌ラーメン 830円
ぎょうざ(5個) 240円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(9)
BACK
NEXT
湯蕎庵たかはし(神奈川県足柄下郡湯河原町) 準備中

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



手折りラーメン3種類詰合せセット



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.