▲ 永代通り沿いなので目立ちます。


▲ 盛り方は普通ですが、味はバツグンです。ぷりぷりの食感が病みつきになりそうです。
 
茂野麺紀行 第129回
「がんぎ 新川一丁目店」
(東京都中央区新川)


新川は、茅場町から川を渡ってすぐ。飲み会の後、移動してこの店に辿りつきました。永代通りの交差点の角なので目立ちます。

同店は新潟の「へぎそば」を安価で提供していて有名なのですが、美味しい日本酒が味わえる立飲み屋としても名を馳せています。8時から21時まで通しで営業しているのも嬉しいです。

とにかくびっくり仰天ですね。
ちゃんとしたへぎそばがなんと360円です。
こんなに安くていいのかと思ってしまいます。

へぎそばとは、Wikipediaの引用ですが、〜新潟県魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦をヘギといわれる器に盛り付けた切り蕎麦。「へぎそば」は、小千谷市の業界団体によって商標登録されています。〜ということです。どちらかというと、かなり高級です。スーパーで市販されている乾麺もかなり高めですね。

注文してから10分くらい、いや、もっと待ちました。ゆで置きではないから時間がかかるようです。そばの盛り付けは、あの独特の手繰り盛りではありません。あの盛りをしたら、手間がかかりとても360円では提供できないですよね。しかし、香りも味もナイスです。食感もいいですね。ぷりっ、ぷりっ、という感じです。

立飲み屋としてもいいですね。私はその前に散々飲んでいたので、今回はシメのそばだけを頂きました。次回は是非新潟のへぎそばのアテで銘酒を飲みたいです。気がつけば、ほぼ満員です。椅子が無いので、スタンディング。それで満員なので、狭い店内と言ってもかなりの人です。そして私を除くほぼ全員が飲んでます。羨ましい限り。

接客も素晴らしいです。
通いたくなるような店です。
この近所に勤務されている方が羨ましいです。

「がんぎ」は、新川にもう一店舗あります。新川二丁目店です。その他、三田にもあります。このコスパでこの味だったら流行りますよね。

店を出た後、永代橋の上から久々に佃島の超高層マンション群の夜景を楽しみました。

2016.11.10  Zaki (訪問日 : 2016.10.14)



相対橋からの佃島リバーサイド21.
あまりにも有名過ぎる夜景です。日本のマンハッタンと言われているようです。


がんぎ新川一丁目店
東京都中央区新川1-2-10
鹿島ビル 1F
03-3551-2951

営業時間
8:00〜21:00


もり 360円
かけ 360円
ざる 420円
たぬき 420円
きつね 420円
わかめ 470円
イカ天 470円
かき揚げ 470円
にしんそば 580円
海老天そば 620円


詳細地図  ← 周辺地図ははこちらをご覧ください。
(食べログのマップ)


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(9)
BACK
NEXT
「長寿庵」 (荒川区南千住) こうかいぼう(江東区深川)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



手折りラーメン3種類詰合せセット



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.