▲ 店構え。高級感があります。お持ち帰り商品もあります。


▲ 店内。和食店という感じが漂っていますね。


▲このような状態で運ばれきます。噴きこぼれないように、やや蓋をずらしてます。


▲ いい感じで煮込んでありますが、しかし、うどんは前述のようにとても硬めです。
 
茂野麺紀行 第120回
味噌煮込みうどん
「玉丁本店」
(中央区 東京駅・八重洲地下街)


味噌煮込みうどんと言えば、茂野製麺の「みそ煮込みうどん」(手折りめん)という商品が出ていまして、その調理例の写真を一昨年の秋に撮影しました。もちろん、同商品のお味はバツグンです。誰でも気軽に本場の味噌煮込みうどんが楽しめます。その撮影の時に調理してくださったのは、プロの料理家の佐藤ともこさん。やはり違いますね。麺の撮影はつくづく難しいのですが、彼女はそういった撮影時のコーディネートも数多く経験されています。

その撮影の後、後学の為に本場の味噌煮込みうどんを是非食べてみたいと思いつつ、多忙が続き、気がつけば1年半くらい経ってしまったわけです。ご存知の通り、味噌煮込みうどんの本場は、名古屋です。あまりにも有名ですね。私も現地に行ってまったく食べたことが無いというわけではありません。かれこれ二十数年前には何度か食べているのです。あまりにも年数が経っているので、味の記憶ははっきりしません。なかなか気軽に名古屋まで行って食べてくるという時間もありませんので、諦めて都内に良い店があればと思っていたところ、東京駅の八重洲地下街の中に玉丁本店という味噌煮込みうどんをメインにしている店を発見したのでした。

都内に味噌煮込みうどんをメインにしている飲食店って、意外にも少ないです。そういうこともあってか、同店はかなりの人気店です。当然ながら混んでいることも想定しました。有難いことに年中無休で、開店から閉店まで通しで営業していますね。それならば大丈夫でしょう。

現地には夕刻、少し暗くなった頃に行きました。二月の中旬、外を歩いていたので、体はすっかり冷え切って、それがまさに味噌煮込みうどんを食べるには最高のコンディションと言えます。八重洲地下街、略してヤエチカは、たくさんのテナントさんがあるので、迷いそうなのですが、同商店街の発行するガイドマップや、ホームページのお陰で迷うことなく到着します。

外観は高級感があります。料理メニューのサンプルもたくさん並んでいて迷います。もちろん私は初志貫徹。シンプルな味噌煮込みうどんを注文します。1人前950円です。

店内は割合広いですね。夕刻なのに大変賑わっています。もっとも、同店からほど近い東京ラーメンストリートの特に六厘舎の行列のように一日中行列が出来ていることは無さそうです。

約20分待ちました。オーダーを受けてから煮込んでいることもあるのでしょう。そのくらい待つのは想定済みなので、文庫本を広げて、気長に待っていました。本当はビールでも飲みたいところですが、同店を出た後に別の場所に軽く飲もうと思っていたので我慢(笑)しました。

味噌煮込みうどんは一人前の土鍋で運ばれてきます。蓋を開けると、まだぐつぐつ煮たっています。そこが土鍋のいいところですよね。蓋を開けても土鍋そのものが熱くなっているので、冷めにくいです。赤みそのつゆをレンゲですくってフウフウ言いながら味見します。

こりゃ旨い!!

赤みその風味、それから鰹の出汁が効いてますね。少ししょっぱいかな。

次にうどんです。

おお、こ、これは、硬めですね。

うどんの硬さは想像よりも硬かったです。もっと柔らかいと思ってました。最近では柔らかさが売りの伊勢うどんがやや流行していたのもあって、そちらの傾向なのかな、と思ってました。驚きです。ひょっとして、武蔵野うどんよりはずっと硬めかもしれません。

ややしょっぱい赤みその鰹出汁のつゆに硬いうどん。いやぁ、想像とは異なったですが、美味しいです。もちろん、また食べてみたいです。今度は軟骨つくね入りを食べてみたいかな。東京駅なので、その気になればすぐに再訪できますね。本場の名古屋へ行って山本屋の味噌煮込みうどんも食べてみたいです。

2016.2.11  Zaki (2016.2.29 記)




前出の六厘舎の行列です。この感じだと順番が来るまで1時間くらいかかりそうですね。余裕が無いと、並ぶのは危険です。数年前、私もこちらで食べたことがありますが、確かに美味しいです。


玉丁本店 八重洲店
中央区八重洲2-1
八重洲地下街 外堀地下2番通り
電話番号 03-6225-4831
http://r.gnavi.co.jp/g111346/

営業時間
[月〜金]
11:00〜22:00(L.O.21:30)
[土・日・祝]
11:00〜21:30(L.O.21:00)

定休日
無休

味噌煮込みうどん 950円
〃 4種きのこ入り 1,150円
〃 ほうれん草入り 1,150円
〃 お餅入り 1,250円
〃 こだわり豚肉入り 1.350円
〃 軟骨つくね入り 1,250円
*消費税別途です。


詳細は、八重洲商店街のHPでご確認ください。
http://www.yaechika.com/


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(8)
BACK
NEXT
稲庭うどん「七蔵」 (港区新橋) 「太常うどん」 (中央区東銀座)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



手折りラーメン3種類詰合せセット



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.