▲ 存在感のあるもちっとした麺。

▲ 店を出てからガラス戸越しに店内を撮影。
ご覧のように、カウンタで食べている方々の背後に約6人が待機中。私が店に入ったときには数席空いていたのに、あっと言う間に満席になってしまった。さすがに人気店なのだ。


▲ 上板橋駅北口。
 
茂野麺紀行 第89回
蒙古タンメン中本 上板橋本店
(東京都板橋区常盤台)

蒙古タンメンは、今から12年くらい前、以前勤務していた会社の同僚が凝っていて、そして仲間を誘っては定期的に同店を訪れていました。私も何度か誘われたのですが、如何せん、帰りが遠いので、ずっと遠慮していました。そうしている間に、同店のファンがどんどん増えていって、私はちょっとした仲間はずれ的な気分になったものです。更に近年、カップ麺も出来て、また一段とメジャーになってきて、メディアにもたびたび登場するほどの人気ぶり。これは絶対に行かないと、ということで、機会を窺ってたところです。

しかし、機会は待っていても来ないものです。2013年の夏、あまりにも暑いので、むしろそういう時にこそ辛いものを食べたくなるもので、急に同店へ行きたくなりました。しかも、どうせだったら本店に行きたいと、夏バテしているからだに鞭打って上板橋へ出かけたのです。想い焦がれて12年、やっと念願が叶うということになります。

池袋から久しぶりの東武東上線。上板橋の線路際のビルの二階が同店です。つい最近移転し、リニューアルオープンしたばかりなので、店はとても綺麗です。19時30分。まだ夜の部の早い段階なのか、あるいはタイミングが良かったのか、並ばずに入れました。厨房の中には10人くらいの店員さんが元気良く大きな声で「いらっしゃいませ!」と迎えてくれました。活気があります。店内はとても広いです。だいたい8割ほど埋まってました。

注文は迷わず、蒙古タンメンです。もうそれは長年の憧れですから、それ以外は考えられないのですが、メニューを観ると、他にも色々あることが分かり、やや迷ってしまいました。それにしても、メニューの写真を観るだけでも、全身から汗が吹き出しそうです。武者震いと、食べる前から頭がくらくらします。元々辛いものは嫌いじゃないですが、このところ年齢とともに、少々避けているところもありました。果たして、耐えられるだろうかと心配になってきました。

しかし、実際に食べてみると、想像していた凄い辛さではなくて安心しました。それと、単に辛いだけじゃありません。上に乗っている麻婆豆腐が混ざっていない下の層だけのスープをすくって飲んで、これはイケると唸りました。キャベツの甘味が助けてくれます。野菜がたっぷり入っています。きちんとしたスープです。麺も適度なもちもち感があって、いいですね。噂に違わず美味しいです。わざわざ遠方から来た甲斐がありました。とても幸せな気分になりました。しかし、冷房の効いた店内でも後半はびっしょり汗をかきました。やはり辛いことは辛いのですね。

店を出るときには、店内で5、6人がカウンタの後ろに立って待っていました。つまり満員状態。やはり人気なのですね。 また是非食べに行きたいです。

店を出た後、滅多に歩かない上板橋の界隈をタウンウォッチングし、少し汗を引っ込ませてから帰宅の途に就きました。

2013.8.25 Zaki


蒙古タンメン中本
上板橋本店
東京都板橋区常盤台4-33-3-201
浅香ビル 2F
TEL: 03-5398-1233

営業時間
10:00〜02:00

年中無休

味噌タンメン 750円
蒙古タンメン 770円
味噌卵麺 850円
北極ラーメン 800円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(6)
BACK
NEXT
馬賊(東京都台東区雷門) 玉川屋(東京都青梅市御岳)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.