▲外観。それほど目立つ感じではない。どちらかと言うと、ラーメン専門店というよりも居酒屋チックな佇まい。

▲ 入口脇にメニューの看板。
こういうものがあると安心できる。


▲ 同店を出た後、寄ったお初天神。大通りを渡ってすぐの曾根崎の繁華街の一角にある。近松門左衛門の曾根崎心中の舞台。
 
茂野麺紀行 第87回
金久衛門ラーメン 梅田店(大阪市北区曾根崎)

お暑うございます。今年は梅雨明けからいきなり猛暑で、それが、ずっと続いておりまして、皆様もきっと夏バテされていると思います。どうぞ、熱中症にはお気をつけください。

大阪の美味しいうどん「梅田はがくれ本店」のリポートを書いてから、少々時間を要してしまいました。大阪に行ったのが約2ヶ月前の6月中旬です。その間、多忙だったのもありましたが、諸事情があって、掲載順を調整したこともありまして、やっと「梅田はがくれ本店」の数時間後に食べた「金久衛門(きんぐえもん)ラーメン」のリポートを書かせて頂きます。

前号でも書きました通り、大阪に行ったのは9年ぶりでして、懐かしさと楽しさで、日中は色々なところを歩きまわりました。特に今回は西成区のB級グルメスポットでホルモン焼きを楽しみました。その昔、「じゃりんこチエ」(タイトルは正確ではないですが・・・)という漫画がありました。私と同じ年代の方なら覚えてらっしゃると思いますが、あの漫画に出てくるホルモン焼き屋がまさに西成区にあるという設定なのです。

もちろんホルモン焼き屋は東京にだってありますが、やはり違いますね、大阪のは。なんというかうまい具合に説明できませんが、雰囲気といい、味といい、まさに大阪なのです。

西成区の辺りで、飲んで、そして、新世界にハシゴし、なにせ滅多に来れない大阪ですから、食い倒れの一歩手前までで我慢し、そして今回の大阪ツアーのフィナーレを飾るべく予定していた、前述の「金久衛門ラーメン」(梅田店)に向かいました。

同店は、何年か前に「大阪ブラック」というカップ麺でおそらく全国区で有名になりました。私も食べたことがあります。カップ麺の味は残念ながら忘れてしまいましたが、その有名な味を確かめてみたく、非常に期待に胸が高鳴ります。

場所は、梅田と言っても、曽根崎の外れになります。風俗店などが点在して、人通りはやや少ないですが、しかし、場末感のある寂しいところではなりません。むしろ、落ち着いた情緒がある街並みです。

夕刻の6時半頃、店に入りました。カウンタだけのこじんまりとした造りです。先客はカップルの1組。しかも、ちょうど食べ終わる頃で、私だけになりました。ランチどきには行列が出来るほどだそうで、この時間帯を狙って正解だと思いました。

メニューを一通り見て、大阪ブラックもいいけれど、普通のラーメンが食べてみたくなりました。金醤油ラーメン(650円)にしようか、それとも大阪ブラック(700円)にしようか、時間をかけて悩みました。マスターはにこにこされてます。よし、間を取って(笑)、黒醤油ラーメン(650円)にしました。

さて、黒醤油ラーメンが出来上がりました。
思ったよりもスープが黒くて、ちょっとたじたじ。(笑)
濃厚だけど、決してしょっぱくはない。ちょうどよい塩梅ですね。うん、コクがありますね。何がベースになっているのでしょうか。醤油もいい味してます。
断面が楕円形のもちっとしてコシのある麺。やや硬めの手打ちうどんにも似た食感。きちっとした麺自体の味も感じます。麺とつゆの組み合わせが実にいいですね。
とても美味しかったです。行列が出来るのも納得。
是非また食べたいです。
いや〜。大阪のラーメンは旨いです!!
恐れ入りました。

マスターも愛想が良かったです。
ラーメンを食べた後、他愛の無い話につきあってくれました。
店を出るときには、大きな声で「おおきに!!」と見送って頂きました。
とてもいい気分です。
もう明日にでもまた大阪に行きたいです。(笑)

2013.8.15 Zaki
(実際に店を訪れたのは6月中旬です。)



左: 本文中に書かせて頂いた西成区のホルモン屋さん。いわゆる、あいりん地区のガード下にあるお店。
午後2時に開店。
立ち飲み形式で、ビール、酎ハイともに、缶のまま提供される。
中: これがホルモン焼き。
鉄板の上でじゅうじゅうと音を立てて焼く。
関東のもつ焼きとはだいぶ違う。こちらではこれがスタンダード。
右: 新世界のジャンジャン横丁で食べたたこ焼き。
大阪のたこ焼きは大振りで、しかも、たこが大きい。そしてもちろん美味しい。

左: 新世界と、通天閣。大阪を代表する観光地でもあり、B級グルメの宝庫でもある。
たこ焼き、串カツが全国区で有名。
中: 夕刻の道頓堀界隈。かに道楽の動く看板が有名。
右: 夕暮れの北新地。割合高級な飲食店が多い。東京で言えば、銀座みたいな場所だ。


ラーメン
金久衛門ラーメン 梅田店
大阪市北区曾根崎1-2-20
大幸ビル 1F
TEL: 050-5869-57139

営業時間
11:00〜AM5::00(麺が売切れ次第終了)

定休日 日曜日

金醤油ラーメン 650円
紅醤油ラーメン 650円
黒醤油ラーメン 650円
大阪ブラック 700円
なにわブラック 750円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(6)
BACK
NEXT
梅田はがくれ(大阪市北区梅田) 馬賊(台東区雷門)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.