▲ この独特のうどんが美味しい。玉子まで付いている。天ぷらは8品くらいあるのではないだろうか。とにかくボリューム満点なのだ。

▲ 名店なれど、店舗はまったく目立たない。いや、それが逆に名店たるが故か。


▲ 次なるターゲット。弟子のお店がミシュランで評価された玄庵本店。
 
茂野麺紀行 第83回
手打ちうどん むぎや(東京都葛飾区立石)

京成電鉄の立石駅。この駅を昼下がりに降りると、駅に隣接したいかにも下町風情の商店街は、買い物客や飲食店をハシゴする人達で賑わっています。このご時世に、どのお店もとても繁盛しているようにお見受けします。焼き鳥屋さんやらもつ焼き屋さん、古くからあるだろう居酒屋さんが立ち並び、さながら呑兵衛の天国でもあります。いや、大袈裟ではなくて、昼の2時頃から行列の出来る人気のもつ焼き屋さんもありますし、とにかくたくさんの飲んでいる人がひしめきあっているという感じです。「呑んべ横丁」という名称の路地さえあるのです。そして実は私も数年前からその立石の魅力にはまって時々訪れる者であります。お恥ずかしながら。(笑)

さすがに真昼間から酔っぱらうのは気がとがめますので、いつも立石に訪れるのは夕刻と相場が決まってまして、毎度毎度この地に立つときには諸先輩方の情報を頂き、お薦めのお店に行くわけです。然し、ここ最近は自分自身で発見した店へも行くようになりました。

おっと、立石にいる人が殆どお酒を飲んでいるというわけではありません。お酒抜きでもグルメを楽しめます。もちろん、野菜やら惣菜などの買い物をする主婦の方々もたくさんいます。

ところで、その立石って、この麺紀行に載せられるような麺の美味しい店は無いのかとちょっと疑問に思ってしまいました。そこで、やはり立石が大好きな先輩にお尋ねしたところお教え頂いたのが今回ご紹介する「むぎや」といううどん屋さんです。もう一軒、「玄庵」というおそば屋さんもご紹介頂いたのですが、さすがに一日で2軒はきついので、玄庵はまたいずれ近いうちに訪問するということにいたします。

「むぎや」を訪れたのは、2013年5月23日。5月というと爽やかな季節というイメージですが、この日はまるで夏を思わせるような陽気でした。歩いているだけで汗が出てきます。午前11時過ぎ、駅から歩き出します。駅前から飲食店がびっしりと並ぶ路地を抜けて、奥戸街道に出て、少しだけ曳舟の方向を歩いたところに「むぎや」はあります。表通りから一歩入ったところです。そうですね、駅から7、8分というところでしょうか。因みに、前出の玄庵は更にそこから1、2分のところでした。

「むぎや」が有名なのはクオリティもさることながら、ボリュームがあることです。冷たいうどんの器は寿司桶です。2人前から3人前くらいの大きな寿司桶に豪快にうどんが盛られております。その量が多い点をうっかり忘れていて、私は「笹切りうどん」を注文したのですが、「やや少な目にしてください。」というのを忘れてしまいました。その写真は一番上の題字のところの写真です。天ぷらの量も多いので、麺の量が著しく多いようには見えませんが、少なくとも1.5人前、いや、2人前くらいのボリュームはあります。

そのボリュームがあるという点で、同店はサラリーマンや学生さんに大変人気です。私が行ったときも満席でした。そして私が食べているときもオモテに並んでいるような雰囲気がありました。さすがにいくら立石でも同店でお酒を飲んで長居する人はあまりいないでしょうから、回転は悪くはなかったです。いや、でも、うどんのセットの天ぷらをアテにしてビールを飲んでいるビジネスマン風の方もいらっしゃいました。

既出のように私は笹切りうどん(880円)を注文しました。写真でもお分かりのように緑色のまるで茶そばのようなうどんです。笹切りというくらいなので、笹の粉を麺に練り込んでいます。変わったうどんです。やや細めで、コシがあり、またつるつるした食感はとても美味しいです。茂野製麺の「モロヘイヤ手折りめん」に通じるものがありますね。ただ、もうちょっと風味が欲しいかな。このほかにも色々な種類があって、是非また行きたいですね。接客も申し分無しです。

ただ、私にとってはつけ汁が少々濃かったです。もう少し塩分が控えめならば言うことなしです。つゆはそば湯のように出汁つゆが付いていて、薄めて飲むことが出来ます。私はしょっぱかったので、途中で割ってそれで食べていました。そうそう、天ぷらのことを書くのを忘れておりました。揚げたての天ぷらはとても美味しいです。とにかく天ぷらもたっぷりありますし、この笹切りうどんを食べて店を出た後、夕刻まで全然お腹がすきませんでした。少し余裕があれば、もちろん立石の明るいうちに楽しむもつ焼きも考えてはいたのですが、そんな気にはまったなれませんでした。

2013.6.10 Zaki



左: 京成立石駅。駅の東側から。
中: 駅前のアーケード。昼少し過ぎたころから焼き鳥屋さんからいい匂いの煙が・・・。
右: もつ焼きナンバーワンのお店「宇ち多゛」。午後1時過ぎにはご覧の行列。(別の日に撮影)


手打ちうどん
むぎや
東京都葛飾区立石1-11-4
TEL: 03-3695-5841

営業時間
11:00〜13:30

定休日 月・水

ざるうどん 600円
天ぷらうどん 980円
笹きりうどん 880円
穴子一本うどん 850円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(6)
BACK
NEXT
天庵(千葉県鎌ヶ谷市) 玄庵(葛飾区立石)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.