▲ しなやかな麺(うどん)。

▲ キンと冷えた美味しいあんみつ。


▲ 店の入口はご覧のように雰囲気があって良いのですが、クルマがたくさんとまっている為に、あまり目立たないですね。
 
茂野麺紀行 第81回
手打ちそば 薬師寺そば(茨城県龍ヶ崎市)

2013年4月6日土曜日、茂野製麺茨城工場(河内町)で「おじゃる祭り」(試食販売会)に行ったついでに、龍ケ崎まで足を延ばして、同店に寄りました。事前に下調べしたら、手打ちそば屋さんなのにカレーうどんが人気というところで、とても興味を持ったのです。

龍ヶ崎は過去に何度か立ち寄ってます。一度は幕張から自転車で来たこともあります。そんなこともあり、多少思い入れがあります。関東鉄道のディーゼル車も可愛いですよね。所々に旧家や寺院の残る風情のある町並みも素敵です。しかし、同店のことは今回初めて知りました。

行ったのは正午を少し回った時刻。店の前の駐車場は満杯で、ぐるっと回って、ちょうど一台空いたタイミングでクルマをとめることができました。店内は思ったよりも広く、同行した妻と一緒に15、6人くらいで囲む大きなテーブルの席に座りました。小上がりもあります。

周囲を見渡すと、誰もがカレーうどんを食べています。これは異常な光景ですね。(笑)

もちろん私たちもカレーうどんを注文しました。待つこと20分ほどでしょうか。先客が多かったので、ちょっと長めに待った感じですが、同行者が居るので、会話しているので気がまぎれます。人気店なので、お一人で行かれる場合は何か読み物でも持っていったらいかがでしょうか。

さて、目の前に現れたカレーうどんですが、大きなどんぶりに波々と入っていて、大食漢の私にはとても嬉しいです。デザートにあんみつもついています。あんみつは事前情報を漏らしていたので、ちょっとしたサプライズですね。スパイシーということで、カレー屋さんのように冷たい水も一緒にトレーに載ってました。この気の使いかたは嬉しいですね。。

さて、ひとすくい。トロミが強いですね。あ、美味しいです。アツアツで、コクもあるし、適度な辛味もあります。そして、中には豚バラ肉と玉ねぎがいっぱい。いい感じですね。うどんそのものは、やや細めでしょうか。柔かいけれど、適度にコシがあって、トロミの強いこの料理には最適かもしれません。

食べ進んでゆくうちに、汗びっしょりになります。前述の冷たい水が有難いです。食後、口の中に残った辛さを鎮める意味でもあんみつも効果的です。普段甘味を積極的に食べない私も美味しく頂きました。スタッフさんも感じが良くて、大満足です。

店を出た後、龍ケ崎観音(龍泉寺)をお参りしてから帰途に就きました。

2013.4.8 Zaki



左: 龍ヶ崎観音(龍泉寺)の山門。
中: 桜の花びらが貼り付いた手洗い処。
右: 本堂には桜の木が・・・。花はもう殆ど終わりの状態ですね。

左: 菜の花の咲く河内町の新利根川。この手前側に茂野製麺の茨城工場があります。
右: スタッフのつくってくれた試食用の茂野のそば。
とても美味しかったです。


手打ちそば
薬師寺そば
茨城県龍ケ崎市米町8543
TEL: 0297-62-7547

営業時間
11:20−14:00
17:00−19:00

定休日:火曜日、月曜夜

もり 550円
ざる 600円
天ざる 1,100円
かけ 550円
たぬき 650円
天ぷら 1,100円
カレーうどん 800円
カレーうどん 餅入り 900円
カレーうどん 海老入り 1,100円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(6)へ
BACK
NEXT
みず野(千葉県木更津市) 天庵(千葉県鎌ケ谷市)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.