▲ やや太めで、もちもちっとした感触の麺。

▲ 外観は、ごくごく普通の中華料理屋さんという雰囲気ですね。
 
茂野麺紀行 第78回
丸長中華そば店 (杉並区荻窪)

丸長(まるちょう)と言えば、ラーメン通にはかなり有名な店で、ここをルーツにした丸長系というラーメン屋さん、つけ麺屋さんは都心に限らず、だいたい東日本や甲信越にも広がっています。あのつけ麺の大勝軒のルーツでもあるらしいですね。場所は荻窪駅の南口を出て、線路沿いの道を阿佐ヶ谷方向へ少し行った辺り。かなり駅から近いです。

荻窪は、ラーメンのメッカであり、この麺紀行にも最近になって春木屋、そして春木家本店と立て続けにご紹介しています。そして今回の丸長を加えると、集中的に麺紀行に掲載したということになりますが、実は今回は意識して荻窪に行ったわけではなく、知り合いのミュージシャン(北湯口舞さん)のライブが四面道(青梅街道と環八の交差点)に近いルースターというライブハウスに出演し、その応援に駆けつけたついでであります。

いや、ついでという言葉では名店に申し訳ない。ごめんなさい。確かについでには違いありませんが、以前からこの店には憧れに近いくらいの想いを抱いており、ついでが無くてもそろそろ行こうかなとは思っていました。いや、本当です。

店はおじちゃんとおばちゃんお二人で運営しています。ごくごく普通のお店ですね。それほど古めかしい雰囲気はありませんが、現代風でもありません。

注文は、ラーメン。ちょっと迷いました。ここは確かにラーメンの評判も良いですが、なんせかの大勝軒のつけそば(つけ麺)のルーツであるわけで、つけそばが美味しくないわけがないのです。

ビジュアルは、私好みです。スープの色合い、具材の載せ方など割合オーソドックスですね。どんぶりの形状、色合いも至って普通です。

さて、ひとくちスープをすすります。
ウマい!
もう単純な表現で、このひと言に尽きます。
煮干味がとてもいい感じのラーメンですね。

麺は太めで、ちょともちっとしていて、コシも適度でいい。
お値段は650円。
ちょうど良い価格設定です。
味、お値段と総合的に見ると、私の好みで言えば、春木屋さんより好きかもしれません。

ただ、チャーシューは私の苦手なぼそぼそしたタイプですね。
それと、メンマの味付けはちょいと酸っぱ味が強いので、ややそこが気になりました。もちろん、私の好みなので、同店のファンの方々や他の多くの方々には全然問題は無いとは思います。ご馳走様でした。

訪問日:2013年2月2日 / Zaki



左: 荻窪駅の南口です。
中: ライブハウスの荻窪ルースターの入口。お店は地下にあります。
この日のライブは前述の北湯口舞(きたゆぐちまい)さんの出演。彼女は岩手県遠野市出身のシンガーソングライター。都内を中心に活躍していて、地元遠野でもライブ活動をされています。
右: 独特のやや低めのボイスで熱唱する北湯口舞さん。後方はギタリストさん。


丸長中華そば店
東京都杉並区荻窪4-31-12
TEL: 03-3391-7518

営業時間
11:30〜15:00
17:30〜19:30

定休日:水曜日・第三日曜日

ラーメン 650円
つけそば 700円
餃子 500円
シューマイ 500円
タンメン 850円
みそラーメン 800円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(6)へ
BACK
NEXT
かぎもとや(長野県軽井沢) 油そば(東京都新宿区)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ

手折りラーメン3種類詰合せセット 茂野麺紀行トップページ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.