▲ご存知スカイツリーと、ソラマチ。
茂野麺紀行 第66回
押上のそば処 朴仙(墨田区押上)

2012年5月、ついにスカイツリーが開業した。その真下には東京ソラマチという一大ショッピングモールも出来て、この界隈は賑やかになる。周辺も整備されて、スカイツリーが出来る前とは様相が一変。メディアにスカツリとソラマチの情報が出ないときが無いほど大盛況のようだ。

開業から約1ヶ月半。特に慌てて行くこともないので、そのうちと思っていたソラマチに仕事で訪れることがあった。7月上旬のことで、この日は梅雨の最中にも関わらず三十度を超える暑さ。。もちろん、スカイツリーはまだ予約方式なので、いきなり来て展望台に昇ることはできない。しかし、今回は仕事だから仕方ない。いっそ再来年くらいにあまり話題にならなくなったら行ってみよう。

ソラマチでの仕事が終わり、館内で何か食べて行こうと少し考えたが、ちょうど昼時だったのもあってたくさんの人で溢れており、オモテに出ることにした。外は炎天下で暑いが、それでも館内のごみごみした雰囲気よりは気分がいい。どうも人ごみは苦手なのだ。

混雑を予想していたので、私は予めこの界隈に詳しい知人に聞いていたスカイツリーのお膝元の押上にあるそば処「朴仙」に行くことにした。そこも人気店。食べログの評価もすこぶる良い。12時半、満席で、約10分くらい店内で待つ。でも、おそらくソラマチの中の店ではもっと待たされるだろうから、それから考えれば全然苦ではない。

「朴仙」は比較的新しいお店のようだ。しかし、店のつくりは奇をてらったような斬新さがなく、ごく普通のおそば屋さん。それが却って落ち着く。逆に老舗の雰囲気が伝わってくる。間口は狭く、店内もそれほど広くはない。入口のところに石臼の機械がゆっくりとそば粉を挽いている。たまたま座った席がその機械の真横だったので、注文してからずっと飽きずにその機械を眺めていた。

 
▲そばはしっかりしたコシがある。


▲ヤケドしそうなくらいアツアツの天ぷら。
注文したのはかき揚げ御膳(ランチセット)。一番上の写真にもあるように、天ぷらとごはん、そして手打ちのそば、魚の煮たおかずまで付いているという豪華なもの。お値段は1,000円ちょうど。この手のお店にしては安いと思う。因みにせいろもりは600円。良心的な価格設定だ。

天ぷらは揚げたてでとても美味しい。ぷりぷりした小海老もいいアクセントだ。そばは、さすがに本格派。しゃきっとしている。ほのかなそばの香りもする。そばの量だけだと、やや物足りない気がするが、ご飯までついているので、全て食べるとそこそこお腹いっぱいになる。

店内の張り紙に「今日のそば粉 山形県舟方産」と書いてあることから、同店では時々そば粉の産地を変えているのだろうか。慌ただしく店内を動き回っているスタッフの女性にお聞きしたかったけれど、声をお掛けするのも気の毒な感じがしたのでやめた。

私が会計をしている間も次々のお客さんが入ってこられる。とても活気があっていい。多少はスカツリ効果があるのだろうか。もちろんそれもあるだろうけれど、しかし、マイペースでやっていってほしい。今一番の有名スポットのすぐ近くの押上商店街は見た目も雰囲気も対極にある。そして、こうしたきちんとした手打ちのそば屋さんにはなんとかソラマチに負けずに頑張ってほしいと思った次第。

2012.7.4 Zaki


左:ソラマチの賑やかさとは対照的にひっそりとしている押上駅前の商店街。
 スカツリの地元への恩恵はそれほどないという報道があったが、それを表わしているようだ。
右:近所の人がふらりと入ってゆく、そんな庶民的な雰囲気の朴仙の外観。

左: ソラマチには「すみだ水族館」が併設されている。
中: 東武線の「東京スカイツリー駅」。
京成や地下鉄の押上ではなく、こちらがソラマチの正面玄関になる。なるほど、さすが事業者。
同駅の名前はついこの間まで業平駅だった。改名を惜しむ人は多い。
右: 東十間川の押上よりも東川はまだ整備の工事続行中。


手打ちそば 「朴仙」
東京都墨田区押上 1-22-7
TEL: 03-5608-8767

[営業時間]
11:30〜14:00
17:00〜22:00(土・日は21時まで)

[月曜日 定休]


せいろもり
600円
大盛りせいろもり 800円
ぶっかけおろしそば 900円
芝えびのかき揚げ天もり 1,000円
鴨せいろ 1,200円
かけ 600円
たぬきそば 800円
にしんそば 1,200円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@BAY DREAM FACTORY



茂野「麺紀行」 インデックスページ(5)へ
BACK
NEXT
かやの木(茨城県守谷市) でびっと(東京都品川区)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME



鎌ヶ谷手折りめんシリーズ



お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.