▲こういう雰囲気の店は都内や地方都市のどこにでも見かける。しかし、最近のおそば屋さんはどんどんお洒落になっていっているので、逆に少なくなっているのかもしれない。


▲よく見ると、せいろの形をしているのですね。
茂野麺紀行 第52回
蕎麦「幅田屋」(静岡県沼津市)

4月上旬、青春18きっぷを利用して、静岡県は沼津市へ行ってきました。青春18きっぷは、一日JR乗り放題(乗降自由)の切符です。但し、特急列車などは乗れないので、お金をかけずにゆったりと旅するという目的だったら非常にお得です。5枚綴りなので、何人かでシェアすると良いと思います。

この旅の目的はもちろん、食べることです。美味しい蕎麦と、魚と酒というコンセプトで、プランを練りました。あまりきっちりとしたプランを立ててしまわないようにしました。つまり、行き当たりばったり。これが気楽でいいのです。この麺紀行のコンセプトでもあります。スタートしたのも午後です。昼下がりの東京駅から東海道線で西を目指します。

東海道線の終着駅は熱海でした。熱海で降り、少し散歩。そこを目的地にしても良かったのですが、同行者(男性です)が沼津漁港(静岡県沼津市)の魚を食べたいと言うので、更に西へ行きます。天候は朝から雨でした。午後から晴れると言っていたので、心配はしていませんでした。平塚辺りで降りが弱まり、熱海では雨はあがりました。しかし、どんよりした曇り空。いわゆる花曇りです。

熱海から沼津はすぐです。夕刻の4時半頃でしょうか。駅から沼津港までそぞろ歩きをし、その途中に美味しそうなそば屋さんがあればそこに入ってみようという趣旨で、店を探しました。駅前から延びる広い道沿い、駅から300メートルくらいのところでしょうか、出会ったお店が上の写真の幅田屋さんです。右上の写真をご覧のように非常にオーソドックスな店構えで、店内も普通の雰囲気でした。お洒落でもなく、しかし、安っぽくもなくといったところでしょうか。私としては好みです。

若くて愛想の良いご主人が出迎えてくれました。私も同行者も大もりにしました。なんと大もりで610円です。普通のもりは480円。今どきこのお値段のそば屋はなかなかありません。非常に良心的ですね。天もりが1020円というのも魅力的だったのですが、そばを食べた後で、うまい魚を食べる予定なので、我慢しました。

約10分ほどでそばが登場。見た目はごく普通のそばです。味もどちらかといえば普通でした。しかし、しっかりと冷えていて、しゃきっとしていて美味しかったです。つゆもオーソドックです。かつおの風味が効いてます。普通の味。きっとこれが一番難しいのでしょうね。静かで落ち着いた店内でずずずーっと音を立てて食べるのはまことに楽しいです。

左: 沼津駅にて。私たちの乗った熱海発浜松行きの電車。
中: 駅前から沼津漁港へと続く広い道。狩野川が近くを流れる。
右: 幅田屋の大もり(もりそば)の全景。お盆が小さ目なので、せいろがはみ出ている。


 
▲展望水門「びゅうお」の外観。
本来の目的は津波から港湾を守る為に設置されている。
店を出て、沼津漁港まで歩きます。意外に距離があるので、少々疲れました。何度かバスバスに乗りたい衝動に駆られました。しかし、その後、また食べる為に、少しでも腹を減らしたいという思いで徒歩にしたのです。ちょっと予想外の運動でした。なにしろ日暮れが近づいてましたので、早歩きをしたのです。首筋あたりにうっすらと汗をかいて、やっと到着。

漁港には色々な土産物屋や、また食堂などが並んでます。その前に、松林の向こうにひときわ大きな水門がそびえています。そこへ行くことにしました。沼津市の新しい観光スポット「びゅうお」という展望のついた水門です。入場料を100円を払って、エレベーターに乗り、そして展望デッキ(室内)へ。曇り空なので、富士山は見えませんでしが、駿河湾を見渡すことの出来る素晴らしい展望を楽しめます。沼津市街も一望できます。

少し暗くなってきてから、魚料理の店に入りました。店内は非常に混みあっています。とても活気があります。後から知ったことですが、この店、非常に有名なのだそうです。円筒形のかき揚げが名物とか。我々は、生しらす、かさごの天ぷらなどを肴に熱癇で日本酒を楽しみました。

2011.4.16 Zaki



左: 夕暮れ時の沼津漁港。ひっそりとしている。
中: 沼津市場に隣接した食事処や土産もの屋街。
右: 我々が入った店がここ。丸天という全国区で有名な店。テレビにもよく出ているそうだ。

左: 店内はご覧のように大盛況。店の外にも行列が出来ていた。
中: 生しらす。しょうが醤油で食べる。酒の肴にぴったり。
右: 酒はシンプルに。ちょっと熱めの癇だ。


蕎麦 「幅田屋」
沼津市大手町3丁目5-26
TEL: 055-962-8811

営業時間
10:30〜19:30

定休日 水曜日


もり 480円
大もり 610円
ざる 600円
天もり 1,020円
天ざる 1,080円
玉子とじ 620円
かしわ南ばん 620円
肉南ばん 650円
カレー南ばん 670円


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@ベイタウン・はっぴーもーる



茂野「麺紀行」 インデックスページ(4)へ
BACK
NEXT
井上(築地) 藤美(久留里)

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME




お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.