茂野麺紀行
第48回 「麺ごっつ」(東京都品川区・青物横町)

7月の中旬になって、急激に暑くなったある日、用事で品川に行った。その後時間つぶしに夕刻の旧東海道(写真右)を歩いてみた。品川駅から、京急沿いに第一京浜の歩道を歩き、八ツ山橋の交差点を過ぎ、京急北品川駅の手前を斜め左に入るとその道が旧東海道である。

一歩足を踏み入れるとそこは第一京浜の喧騒さが嘘のように静まりかえっている。老舗もあるし、新しい店もあるが、往時の東海道の雰囲気を醸し出す街づくりが薦められていて、二十数年前に歩いた時、十年ほど前に歩いたときから街が段々と小奇麗になっている。その一方、昔ながらの細い路地が区画整理などで大きなマンションに変わってしまったのは残念だ。

暫く歩き、徐々に日暮れに近づく頃に、青物横町の品川寺(ほんぜんじ)に着く。この近辺は大小の古刹が多いがその代表的なお寺だ。大きな大仏(写真左下)が蝉時雨の中、佇んでいる。お参りを済ませ、旧東海道を品川方面にやや戻ると、今回の茂野麺紀行に(急遽)取り上げることになった「麺ごっつ」という店がある。空腹だったので、ラーメンを食べたくなっていた。

木造のアパートの1階で、店構えはあまり大きくはないが、看板や提灯、のぼり旗がたくさん出ているので、目立つ。「麺ごっつ」という看板には「青横酒場」、「立呑み」とう文字もあって、そこがラーメン屋なのか、それとも居酒屋なのか戸惑ってしまう。ホッピーの提灯もぶら下がっている。結局基本路線は立呑み屋のようである。後から聞いたところでは昼間はラーメン屋、夜は立呑み屋がメインで、でも、夜もラーメンだけのお客さんも大歓迎だそうだ。

店に入ると同時に大きな声で店長さんやスタッフが迎えてくれた。スタッフは皆さん若くて元気がいい。愛想も良い。ホール係りの女性は更にとびっきり若い。若いエネルギーが溢れている。まずビールを注文し、そして、こくまろ醤油ラーメン(750円)を注文した。塩ラーメンと味噌ラーメンは650円、女性には半ラーメンが400円で、リーズナブルな価格だ。

ラーメンが出来るまで店内を眺めると、日本酒や焼酎のメニューが豊富だということに気づく。つまみも豊富で、例えば「しらすおろし」が300円、「わかめとタコの酢の物」が300円、「牛すじ煮込み」が350円などとお値段も安い。これは是が非でも日本酒を呑んでゆかねばならない。

そして、ラーメンが登場。一番上の写真のように、非常に色も味も濃厚なスープだ。甘くて、ややとろっとしている。チャーシューも香ばしくて美味しい。麺の硬さは普通で中太な感じ。しこしこしていて、スープに非常に合う。うまい。ラーメンをつくっているときに店長さんが色々と話しかけてくれて、楽しかった。

ラーメンを食べ終わって、満腹なのだけれど、店長さんやスタッフの皆さんの話術に乗ってしまい、知らず知らずのうちにかなり長居をした。きーんと冷えた八海山うまくて、かなり飲んでしまった。つまみも色々と食べた。安いし、居心地も良いし、もちろん味も良いので、絶対にまた行きたい店だ。いや、時々訪れたい。旧東海道沿いの情緒溢れる街と相まって、いつでもふっと立ち寄れそうなこのような店は存在だけでも嬉しい。少し涼しくなる9月の終わり頃にでも再訪したい。

2010.8.14 Zaki


左: ひっきりなしに電車が通る京急八ツ山踏み切り。通称「開かずの踏み切り」。鉄道マニアには嬉しい場所である。
中: 橋の行燈型の欄干には「品川橋」と書いてある。こういった仕掛けが独特のムードをつくっている。
右: 品川寺の入り口。平日の夕刻だから静まり返っている。

左: 「麺ごっつ」の外観。木造のアパートの一階にある。庶民的なつくりだ。
右: 店内の様子。入ってすぐがカウンタ。このように日本酒や焼酎が並んでいる。

左: これがこくまろ醤油ラーメン。器もなかなかいい。見た目も味もたいへん良い。
右: 鶏わさ。肉の甘味と、わざび醤油の相性バツグン。美味しくて酒が進む。

左: 揚げ物も美味しかった。
中: 自称、他称隊長と呼ばれている店長。ツーリングと釣りが趣味だとか。
右: スタッフの女性。若くてチャーミング。


青横酒場 立呑み 「麺ごっつ」
品川区南品川3-6-55
TEL:03-3472-5522
FAX:03-3472-5522

京浜急行線青物横丁駅 徒歩2分

営業時間
11:30〜14:00
16:30〜23:00


半ラーメン(塩、醤油) 400円
ラーメン(塩、味噌) 650円
こくまろ醤油ラーメン 750円

牛すじ煮込み 350円
ピリ辛ネギチャーシュー 300円
コロッケ 200円
とりわさ 300円
特製ソースヤキソバ 400円
Yahoo!の地図はこちら


STAFF---撮影:Zaki  WEB制作:柴崎隆@ベイタウン・はっぴーもーる



茂野「麺紀行」 インデックスページ(4)へ
BACK
NEXT
一茶庵(足利) 三崎まぐろラーメン

茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。
>>> HOME




お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.