茂野「麺紀行」 第35回 秦野市 白笹うどん「多奈加」

神奈川県の秦野には有名なうどん店(白笹うどん)「多奈加」がある。秦野駅から白笹稲荷へ向かい徒歩15分くらいの静かな住宅街の中だ。分かり難い場所で道案内の看板も質素なので見落としがちだが、平日でも同店へ向かう人たちが多いので、その流れに従って歩けば自然に着いてしまう。

ひと昔前の民家を改造し、外観もまた店内も田舎風で素朴な雰囲気。趣のある佇まいだ。私が食べたのは「ゐなか(ざる)うどん」(600円)。右がその写真。漂白していないのか、真っ白ではないのが嬉しい。うどんが出来るまでセルフのおでんを食べる。おでんはどれも120円。下(右)の写真は大降りの大根。上品な味で美味しい。

うどんはかなりコシがある。いや、コシというよりも硬い。半端じゃなく硬い。かといって、芯があるわけではない。よくこねられている。こんなにコシの強いうどんは初めてかもしれない。つゆはあっさり。あまり特徴があるようには思わなかった。しかし、硬い麺とのバランスでベストマッチなのであろう。

特筆すべきは同店のハイコストパーフォーマンス。このページの下のほうにメニューの一覧(一部のみ)を掲載したのでご参照願いたい。とにかく安いのだ。メニューを見たときにまず驚いたのは1000円以上のものが無いことだ。つまり高級店を標榜しているのではなく、あくまでも大衆料金であることが嬉しい。雰囲気がいいのに加えて店員さんの明るさ、応対も気持ちがいい。是非一度は行っておきたい店である。



店内に入ったのは昼の2時近かった。営業は11時から3時までなので、今後行かれる方は要注意。昼頃は多少並ぶのを覚悟したほうがよい。秦野駅からは少々離れているので、バスを使うのがお薦め(路線はお調べください)。また、駐車場もあるのでマイカーで行ってもよいと思う。


*    *    *


うどんを食べてから白笹稲荷にお参りに。初午の参拝客が参道を埋め尽くしていた。露天も並び、華やか。やや西に歩くと関東大震災で生まれたその名もズバリ、震生湖(しんせいこ)への入り口の交差点があるので、坂道をゆっくり登る。この界隈は渋沢丘陵と呼ばれているところだ。10分も歩くと、目の前に秦野市街を挟んで丹沢山塊が望める。

秦野へは小田急線の急行で新宿から約1時間10分くらい。急行といっても普通運賃(650円)。特急だと別料金が600円追加になるが、時間は10分くらいしか短縮にならない。(と思った。)

2009/4/30 Zaki
(現地を訪れたのは2月7日です。)




左: 初午(はつうま)で賑わう白笹稲荷。関東の三大稲荷と言われている。
中: 参道いっぱいに並ぶ露店。これはたこ焼き屋さんだ。
右: 震生湖の入口交差点。ここを左折し、緩やかな坂道を登ると震生湖。向こうに見える山々は塔ノ岳などの表丹沢尾根。




左: 震生湖へ登る途中(渋沢丘陵)から見る大山。三角錐の秀麗な山容だ。
中: 震生湖はここから下に約5分歩いて降りてゆく。
右: 2月でも柔らかな日差しを受けて暖かい震生湖。ひっそりと静かである。


白笹うどん 「多奈加」 (たなか)
神奈川県秦野市今泉1039-6
電話 :0463-83-7253
年中無休 11:00〜15:00
[参照」 食べログ ↓ ↓ ↓
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1408/A140804/14006744/


白笹うどん・ざる 450円
  〃 大盛り 550円
  〃 おかわり 100円
ゐなかうどん 600円
  〃 釜揚げ 600円
  〃 スペシャル 850円
五目ずし 150円
うどんぜんざい 250円

上の地図はYahoo!の地図を流用しました。



茂野「麺紀行」 インデックスページ(3)へ
BACK
NEXT


茂野麺紀行の情報(例えば価格など)は旅行者(記者)が現地を訪れた時点のものです。
また、味などの感想についてはあくまでも旅行者の主観によるものです。


ざるそば国産
今、食品メーカーに求められているのは、安全な食材を安心して、美味しく食べられる商品の供給にあります。そんなニーズにお応えし、国産の良質な原材料でつくったのが、その名もズバリ「ざるそば国産」です。
お買い求めはこちら
   右の写真は調理例です。

お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.