茂野「麺紀行」 第24回 「増田家」(海浜幕張店)のラーメン

この2つの建物は駅を降りて、すぐの場所にある。

幕張を象徴するテクノガーデン。
幕張メッセや千葉マリンスタジアムの最寄り駅、海浜幕張の駅前が劇的な変化を遂げた。右の写真のように2つの飲食店専門ビルが建ったからだ。当然のことながら、それによって飲食店が一気に増えた。食いしん坊の私にとっては画期的。素晴らしいことだ。左の「スーク」が3月中旬にオープン、右の「アウネ」が下旬にオープンした。テナントは、和食、洋食に、ラーメン屋、タイ料理、スペイン料理店、韓国料理店などなど、枚挙にいとまがないほど充実している。あのベイタウン(幕張新都心の住宅街)の人気店で、浦安の支店も人気の「チンタンタン」の点心専門店もアウネの中に入っている。

4月15日、アウネの1階の増田家というラーメン屋へまずは行ってみた。増田家は、本店は千葉中央。以前から末広屋とともに、千葉の家系(いえけい:横浜ラーメン)では名高い人気店である。ピークを外した3時頃に行く。お客さんは4割程度。店の前には行列を折り返す為のハザードが設けてある。昼時には凄い行列なのだろうか。店内はシンプルなつくり。新しい建材の香りがする。ホールの中をきびきび動く若い女性スタッフの感じも良い。調理場がガラスの向こうになっているのは好みの分かれるところ。できれば、調理場が見えたほうが、待っている間に退屈しない。

ラーメン(650円)を注文した。約6分後にやや小ぶりのどんぶりに入った注文の品が来た。見た目は白濁したスープでかなりこってりしている感じだ。すすってみると、トンコツの濃厚スープ(豚と鶏の合わせのスープらしい)で、確かに家系のラーメンである。美味しいが、私の好みからすれば、もう少し塩分を抑えてもいいのではないかと思う。味の濃さは事前に注文できるので、次回は薄めにしてもらうことにした。麺の固さ、脂の多さも指定できるのが嬉しい。そういった好みの選択が出来るのは家系の大きな特徴らしい。太めの麺はややもちもちしていて、ぷりぷりていた。しっかりした味のチャーシューは私の好み。冒頭の写真の黒く見える刻まれた具材はキクラゲだ。

スークの中には空海という支那そばの店もあるので、今度行ってみたい。本店は代々木上原らしい。ラーメン情報誌にも載っているとのこと。チンタンタンの点心も味わってみたい。居酒屋系も行ってみたいところだ。シネプレックスが出来るまで寂しかった海浜幕張駅北口から比べたら、今日の華やかさは雲泥の差だ。特に深夜営業している店が増えた。皆様も千葉ロッテマリーンズの応援の帰りにでも、この2つのビルに立ち寄られては如何だろう。

2008/4/16 Zaki




左:海浜幕張の名物のひとつが、この連結バス。
  総武線の幕張本郷駅と海浜幕張駅を結ぶ。幕張本郷駅からマリンスタジアム行きもある。
右:文中のチンタンタンの担々麺と、佐川社長。
  胡麻をたっぷり使い、とても美味しい。時々、無性に食べたくなる味である。
  機会があれば、このシリーズでも取上げたい。




幕張海岸は東京方面の絶景ポイント。天気の良い日は富士山も間近に見える。

「増田家」(海浜幕張店)
千葉市美浜区ひび野1丁目
aune MAKUHARI(あうね幕張)1F

11:00〜24:00

ラーメン 並 650円
ラーメン 中 750円
ラーメン 大 850円
ネギラーメン 並 750円
ネギラーメン 中 850円
ネギラーメン 大 950円

最寄り駅
【JR海浜幕張駅】 徒歩1分

2008/4/16 Zaki



参考:
http://makuhari.aune.sc/shop/1-5masudaya/


aune 幕張のホームページ
http://makuhari.aune.sc/index.php


News
海浜幕張駅南口のプレナ幕張にて、ベイタウンラーメンを特別販売いたします。
開催は、2008年4月26日、27日の土日です。
(ベイタウン商店会)



茂野「麺紀行」 インデックスページ(2)へ
BACK
NEXT

ベイタウンラーメン
幕張ベイタウンは、千葉市美浜区の東京湾沿いに十数年前に誕生した新しい都市です。今、そこでオリジナル商品が続々と開発されております。その一環としてベイタウンラーメンが企画されました。ベイタウン商店会と茂野製麺のコラボレーションです。2007年ベイタウンの色々なお店で販売しております。ギフトセットもございます。

お問い合わせ先: 電話でのご注文:0120-44-1351
Copyright 2001-2003 Shigeno Seimen, Inc. All rights reserved.